カンジダ膣炎の薬

カンジダの薬のご購入はこちらから
▼▼▼▼▼▼

2010年05月12日

カンジダ症と治療法

カンジダ症とは
カンジダ症の原因はカンジタという真菌の増殖です。
このカンジダ菌はカビの一種でもともと多くの女性の膣内にいる菌です。
カンジダ菌の量が少なければ問題にはなりませんが、異常に増殖すると、カンジダ症を起こします。
過労や妊娠で抵抗力が低下している時、糖尿病、抗生物質を長期間服用した人などがかかりやすく、セックスで感染する場合もあるそうです。

◆カンジダ症の自覚症状
カンジダ症になると性器から肛門にかけて我慢できないほどのかゆみが出ることがあります。
ヨーグルト状または、カッテージチーズ状のポロポロしたおりものが大量に出ることがあります。
外陰部に付着して炎症が広がると、カンジダ外陰炎になり、粘膜がただれて痛みを伴うようになることあります。


◆カンジダ症の
カンジダ症には膣に入れる、膣錠と
膣周辺に塗る軟膏があります。

ここでは軟膏の方を紹介します。

強力トリコマイシンGには3種の抗生物質とステロイド剤が、配合され、
カンジタ症およびトリコモナス性皮膚炎に効きます。



・抗生物質「トリコマイシン」が、カンジタ、トリコモナス原虫に効果を発揮。
・更に2番目の抗生物質「グリセオフルビン」との協力作用により、白癬菌にも効果を発揮。
・そして3番目の抗生物質「クロラムフェニコール」が患部の化膿を抑えます。
・患部の炎症・かゆみは「酢酸ヒドロコルチゾン」(ステロイド剤)が抑えます。

1日1〜2回、適量を患部に塗布してください。
使用方法など、お気軽にお尋ねください >>

効能
真菌性(カンジダ性)およびトリコモナス性皮膚炎、白癬菌症(みずむし、ぜにたむし、いんきんたむし、しらくも)
内容量 10g
成分 トリコマイシン・・・15万単位
グリセオフルビン・・・10mg(力価)
クロラムフェニコール・・・・10mg
酢酸ヒドロコルチゾン・・・5mg
添加物:ポリソルベート80、ワセリン

使用上の注意
●粘膜(口腔、鼻腔、膣内等)、目の周囲など、しっしんには使用しないで下さい。
●使用に際しては、説明文書をよくお読みください。
●直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管して下さい。
●小児の手の届かない所に保管して下さい。

発売元 ゼファーマ株式会社
値段 1659円

ご購入はこちらから

◆注意すること
外陰部を清潔に保ちましょう。
気になるからと言って、石鹸で洗いすぎるとさらにかゆみが強くなることがあります。
お湯かぬるま湯で洗う程度にしましょう
糖尿病の人や体の弱っている人はかかりやすいので注意するといいでしょう。

【PR】カンジダ膣炎の市販薬 カンジダの市販薬 カンジダ症の市販薬 カンジダ膣炎の市販薬 カンジダ薬
posted by カンジダ薬 at 08:22| カンジダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カンジダの薬のご購入はこちらから
▼▼▼▼▼▼
Copyright © カンジダ膣炎の薬 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。